イエウールの口コミ・評判より徹底解析

事故物件・訳あり物件の買取査定

事故物件・訳あり物件は、買取できるか?

結論から言えば、事故物件・訳あり物件の買取は不動産会社でできます。
いえ、正確にいえば、買い取ってくれる不動産会社(事故物件専門業者)があります。
※多くの不動産は、事故物件は嫌がられるため、事故物件の買取はしてくれません。

事故物件

事故物件とは?

・死亡事件
→自殺や死亡事故、殺人などの人命に関わる事件があった物件
【例】
建物内で人が自殺した場合
建物内で人が殺害された場合
火災による焼死や感電死、水死などに死体が発見された場合
病気や老衰、孤独死など、長期間死体が発見されずに腐乱した場合

訳あり物件(心理的瑕疵(かし)物件)とは?

・災害
→火事や水害などの被害を受けた事のある物件

・周辺環境
→火葬場やごみ処理施設がある物件
→周囲に宗教関係の施設がある物件
→周囲に指定暴力団組織のある物件

これらの物件は、宅地建物取引業法の第47条によって仲介業者などの売り手が買い手に告知する義務が発生します。
よって、一般顧客は事故物件を避ける傾向にあるため、不動産会社側も積極的に仲介や買取を実施してくれません。

事故物件・心理的瑕疵物件を売却するには?

事故物件・心理的瑕疵物件を売却する方法は2通りあります。
1.更地にして売却
自殺や殺人のあった物件を解体し、更地に戻します。
更地に戻し、駐車場に変えて土地を生かすことができます。(都心であれば利用価値あり)
デメリットは、解体のための費用が発生するため、ローンが残っているような状況の場合はお勧めできません。

2.市場価格より安く売却or買取
一般的には、物件の価格を安く設定して売却した方がメリットです。上記1の場合は、解体費用や、その後の運用に伴うリスクが大きいため、事故物件や訳あり物件の場合は、売却or買取を選択する方が大半です。事故物件の場合は、市場価格に半額以下になることも多く、期待は全く持てない価格になることが大半ではありますが、使い道がないのであれば選択肢は限られるでしょう。いずれにしても事故物件の買取ができる不動産会社に査定依頼を実施することをお勧めします。

事故物件・心理的瑕疵物件をできる限り高く売却するには?

事故物件の相場は、市場価格から崩れているため、業者の『言い値』になることが大半です。
そのため、1社だけの話で売却or買取を確定すると非常に安い価格で物件を手放す可能性があります。
事故物件といえど、一般の不動産同様に査定は比較することをお勧めします。

不動産一括査定サイトでも事故物件の対応を実施してくれるサイトがあります。
・不動産一括査定『イエウール』
・不動産一括査定『ウチモ』

事故物件の場合は、事情がさまざまなだけに一般の不動産査定と異なり、状況を確認する必要があります。
そのため、電話による相談を実施してくれるのが不動産一括査定ウチモです。
イエウールでは、多くの不動産会社と提携しているため、一般不動産に相談を投げかけてみて、市場の反応を確認してみると納得感のある売却ができると思います。

事故物件・心理的瑕疵物件を時間がかかっても高く売却する方法とは?

基本的に、『買い手がつきにくい』のは誰でも理解ができるかと思います。さらに、売買契約の前に重要事項として不動産会社は買主に対して説明する義務があります。そのため、事故物件として買主は理解して購入することになりため、『事故物件なんて全く気になりません』という方が現れれば、不動産会社の買取を利用するより高く売却できる可能性があります。

■高く売却するには?
一般顧客>不動産

これは原理原則抑えておきたいポイントです。
不動産会社は、『事故物件が売れない=買主は困っている』ことを理解しているため、市場価格からかけ離れた値段で交渉を致します。安値で購入した事故物件は、リフォームして売却することが多く、市場価格より安い価格であれば、事故物件でも十分売れる可能性があります。
死亡理由にもよりますが、病気や老衰、孤独死などは高齢化に伴い日本の不動産市場では起こりやすい現状となっており、理由が理由だけに納得されて購入される方もいます。※自殺物件についてはかなり厳しい現状があります。そのため、時間がかかっても高く売却されたい場合には、諦めずに多数の不動産会社と話し合うことが重要です。資金に余力がある場合は、リフォームして市場価格の7割・8割の価格であれば十分売れる可能性があります。

いずれにしても、先ずは比較することから始まりますので、不動産一括査定を上手く利用しましょう。
不動産一括査定ランキング

事故物件・心理的瑕疵物件の高額売却までの流れ

1.不動産一括査定にて、少なくとも10社程度とは話し合いましょう。 ※机上査定で十分です。
→事故物件の売却には根気が必要です。不動産一括査定は、1度に6社に対して査定依頼を実施できます。(全て無料)
2.査定・評価価格が分かれば、その価格で仲介を不動産会社に依頼するか、売却価格を上げるためにリフォームを選択する必要があります。
→いずれにしても上記1で信頼ができそうな不動産会社と直接会いましょう。少なくとも3社は直接訪問して話を聞いてください。
直接訪問して話を聞くことにより、不動産会社はより親身に話しをしてくれます。ここまで来ると、ある程度方向性はみえているはずです。

上記2の結果、方向性につまずいた場合は3を実行してみてください。

3.事故物件の取り扱いが、一般の不動産一括査定では難しい場合は、不動産一括査定ウチモへ問い合わせ。
→事故物件を専門に扱っている不動産業者を紹介してくれます。(全て無料)
事故物件を買い取ってくれる不動産会社も多数あり、その中で高額で買い取ってくれる不動産会社を紹介してくれます。

事故物件の売却は、一般物件より根気強く行う必要性があるため、途中で疲れてしまいがちですが、数百万円変わることもありますので最後まで粘り強く頑張ってください。

URL :
TRACKBACK URL :

イエウールの口コミ・体験談

*
DigiPress

不動産一括査定を運営しているイエウールを徹底解析しています。

イエウールの評判・口コミはもちろん、イエウールの特徴、

イエウールを利用するメリット・デメリット、イエウールと

他の不動産一括査定との違いなど、さまざまな角度から検証しています。

Return Top